広島市南区の国道2号で島根の乗用車が中央分離帯に激突

5月5日未明、広島市内で乗用車が信号柱に激突し、運転していた男性1人が重体だという。5日午前2時半ごろ、広島市南区皆実町の国道2号の下り車線で、中央分離帯にある信号柱に普通乗用車が激突した。乗用車は大破し、運転していた島根県の60歳の男性1人が意識不明の重体。同乗者はおらず、他の車への衝突もなかった。当時、車は西方向に走っていて、警察が事故の原因を調べている。(TSS)



広島市南区皆実町 乗用車事故

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ