安佐南区の国道で義理の親子がタクシーにはねられる

4月2日夜遅く、広島市安佐南区の国道で、横断歩道のない道路を渡っていた義理の親子2人がタクシーにはねられる事故があり、57歳の女性が意識不明の重体だという。2日午後11時過ぎ、広島市安佐南区長束の国道183号線で、横断歩道のない片側2車線の道路を東方向に渡っていた義理の親子2人がタクシーにはねられた。

このうち、岡山県津山市の57歳の女性が意識不明の重体。近くに住む30歳の義理の息子が軽傷を負った。タクシーの運転手にケガはなかった。

現場は、緩やかなカーブで普段から交通量が多く、また、南側の歩道橋と北側の横断歩道の距離はおよそ300メートルある。警察は事故の詳しい経緯を調べている。(TSS)



広島市安佐南区長束 人身事故

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ