三原市広報係長が知人男性の連絡先と援助交際斡旋と書いた紙を配布して逮捕される

4月23日、個人情報などが書かれた紙をまいたとして、広島県警三原署は名誉毀損容疑で、三原市秘書広報課広報係長の迫田歩容疑者(45)=同市宮沖=を逮捕した。容疑を認めているという。逮捕容疑は3月下旬から4月15日の間に数回、三原市内の公共施設の屋外通路で、同市に住む自営業の男性(44)の名字、携帯番号を記載し、「援助交際斡旋しています。お気軽にお電話を」などと印字したプリント複数枚をまいた疑い。三原署によると、4月上旬に公共施設関係者が同署に通報。迫田容疑者と男性は知人とみられる。天満祥典三原市長は「公務員としてあるまじき行為であり、深くおわび申し上げる。刑事処分などを踏まえ、厳正に対処する」としている。(時事)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ