「それ行けカープ」作詞者の有馬美恵子さんが死去

プロ野球・広島東洋カープの応援歌「それ行けカープ」の作詞を手掛けた作詞家の有馬美恵子さんが4月21日までに千葉県内の自宅で死去した。83歳。防府市出身。葬儀・告別式は近親者で行う。遺族によると、4月20日午後、自宅で倒れているのを長女夫妻が発見し、救急隊員が死亡を確認した。病死とみられる。

その他のヒット曲
「小指の思い出」(伊東ゆかり)、「17歳」(南沙織)、「他人の関係」(金井克子)、「積木の部屋」(布施明)など。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ