上田組組員が病院内の通路で患者を突き飛ばす

4月9日、広島南署は住所不定、指定暴力団共政会上田組組員船本義彦容疑者(55)を暴行の疑いで逮捕した。逮捕容疑は4月8日正午ごろ、広島市南区の病院内の通路で、診察に来ていた無職男性(24)の上半身を出て突き飛ばした疑い。

同署によると、船本容疑者と男性は面識はなく、現場を目撃した病院職員が同署に通報した。船本容疑者は「容疑の事実はない」と否認しているという。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ