福山市紅葉町の交差点でパトカーとミニバイクが衝突

4月10日朝、福山市の国道と市道が交わる交差点で、パトカーとバイクが出会い頭に衝突し、バイクを運転していた男性が足の骨を折るなどの大けがをした。10日午前6時すぎ、福山市紅葉町の交差点で、市道から左折して国道に出ようとした福山東警察署のパトカーと、国道を右から直進してきたミニバイクが出会い頭に衝突した。

この事故で、ミニバイクを運転していた32歳の男性が右ひざを骨折するなどの大けがをした。パトカーに乗っていた警察官2人にけがはなかった。

警察によると、現場は信号機のない交差点で、市道から国道に出ようとしたパトカーの側に徐行して安全を確認する義務があるという。パトカーは当時、緊急走行しておらず、行方不明の高齢者を捜していたということで、警察は運転していた39歳の巡査長が安全を十分に確認しなかったのが原因とみて調べている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ