駐広島韓国総領事館に汚物と抗議文が入った封筒が送られる

4月6日、広島県警警備部外事課と広島南署は、広島市東区温品5丁目、無職玉田功容疑者(56)を威力業務妨害の疑いで逮捕した。逮捕容疑は2月17日ごろ、南区東荒神町の駐広島韓国総領事館に汚物の入った封筒を郵送し、業務を妨害した疑い。同署によると、汚物は“ふん”とみられ、ビニール袋に入っていた。韓国に抗議する内容の文書も同封していた。封筒の消印から郵送したエリアなどを絞り、玉田容疑者が浮上したという。(中国)
関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ