広島市の中福祉事務所で刃物を持った来訪者を現行犯逮捕

4月3日、広島市中区大手町の中福祉事務所で刃物を所持したとして、男が警察に現行犯逮捕された。3日午前10時半ごろ、「来訪者が刃物を持っているようだ。トラブルがあるので来て欲しい」と中福祉事務所から通報があった。警察官が駆け付け、刃渡り10センチの果物ナイフを持っていた男を銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕した。けが人はいないという。(RCC)
関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ