呉市阿賀南の会計事務所兼住宅で火事1人の遺体が見つかる

4月1日朝、呉市の会計事務所兼住宅の建物が焼ける火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかった。火事があったのは、呉市阿賀南にある会計事務所と住宅を兼ねた建物。警察と消防によると、1日午前8時半すぎ、「3階建ての建物の2階から黒い煙が出ている」と複数の通報があった。

消防車6台が消火にあたり、火はおよそ1時間半後に消し止められたが、建物の2階の焼け跡から男性の遺体が発見された。この建物では夫婦1組が暮らしていて、このうち妻は、2階から飛び降りて逃げて負傷し、病院に搬送されたという。警察は見つかった遺体は夫とみて身元の確認を進めるとともに、消防と合同で実況見分をして火事の原因を調べることにしている。(RCC)




呉市阿賀南 火事

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ