中川俊直氏の公式HPが削除・閉鎖されて閲覧できなくなる

広島4区が生んだ大物政治家で、元自民党・経済産業大臣政務官で青年部長だった中川俊直氏の公式ホームページ(HP)が閲覧出来なくなっている。恐らく3月中旬あたりから削除作業に入ったと思われ、完全に閉鎖されている。HPのタイトルは「中川俊直 RUN OFFCIAL HOME PAGE」となっているが、OFFCIALの英語のスペルが間違っているようだ。


www.nakagawatoshinao.jp


中川俊直 RUN OFFICIAL PAGE


RUN OFFICIAL PAGE



HPを削除したということは、もう政治家としての活動に終止符を打ったのか、それとも新たな政治活動を一から始動させるためなんだろうか。中川俊直氏の最近の動向については、地元の事情通やネットユーザーによって目撃されてはいるが、現在は何をやっているのか全く不明である。


ところで、閉鎖されたHPには少し興味深い内容があった。「関係者は語る」のページによると、俊直氏は平成18年に財団法人メンタルケア協会の精神対話士資格を取得している。母親も精神対話士の有資格者だという。財団法人メンタルケア協会会長によると、「中川先生は、生来の心の大きさ、やさしさ、高い志に加えて暖かで豊かな人間性を培われ、人々のお役に立ちたいとの思いをもち、精神対話士としての活動を続けておられます」としている。


「精神対話士」とは

孤独感や寂しさ、心の痛みを感じている人(クライアント)に寄り添い、暖かな対話を通して気持ちを受け入れ共感し、人生に生きがいを持ち、よりよい生活を送れるよう精神的な支援を行う心の訪問ケアの専門職です。精神対話士が対象とする方は、高齢者、病人、引きこもりの人、対人関係で落ち込んでいる人、介護に疲れた人、事故や震災の被災者、重病患者をはじめとする病人、ホスピスの入居者、学校生活や職場で精神的ストレスを感じている人など多岐にわたります。そうした心のケアを必要とする人々に、薬の処方や精神療法といった医療行為を行うのではなく、暖かな対話を通して心の重みを軽くし、生きる希望を見い出すお手伝いをします・・・。(メンタルケア協会HP)


うーん、なるほど。中川俊直氏についてはマスコミでいろいろと騒がれていたが、人間的に良いところもあったということだろうか。つまり、二面性を持ち合わせていたということだろうか。

そんな俊直氏に是非会って話をしてみたいと思う広島県民は、たぶん大勢いるに違いない。



中川俊直 自民党RUN OFFICIAL PAGE

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ