島根原発の放射性廃棄物ドラム缶424本を六ヶ所村の日本原燃で処分

3月29日、中国電力は2019年度の島根原発(松江市鹿島町)からの低レベル放射性廃棄物の輸送計画を公表した。ドラム缶(200リットル)424本を10月と3月の2回に分けて青森県六ケ所村の日本原燃の埋設センターに送り、処分するという。同廃棄物は、1、2号機で発生した金属やプラスチックの資機材等。うち384本は、16年10月~17年3月にモルタルで固めていた。同社は3月24日、5年9カ月ぶりに440本を搬出した。1、2号機で計2678体ある使用済み核燃料の輸送計画はないという。(中国)



島根原発

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ