中区舟入本町で原付きバイクに衝突した車がひき逃げ

3月16日夜、広島市中区の交差点で原付きバイクと乗用車が衝突する事故があり、原付きバイクを運転していた56歳の男性が意識不明の重体となっている。16日午後8時15分ごろ、広島市中区舟入本町の国道の交差点で、直進してきた原付きバイクと反対車線から右折しようとしていた乗用車が衝突した。

この事故で、原付きバイクを運転していた広島市佐伯区藤の木に住む56歳の会社員の男性が道路に投げ出され、頭などを強く打ち、意識不明の重体となっている。警察によると、事故を目撃した人が「黒っぽい乗用車が原付きバイクと衝突したあと南の方角に走り去った」と話しているという。現場は広島市役所から800メートルほど離れた片側三車線の交通量の多い交差点で、警察はひき逃げ事件として逃げた車の行方を捜査している。(NHK広島)



広島市中区 ひき逃げ事故

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ