佐伯区五日市で道路に横たわっていた広島市職員がタクシーにはねられ死亡

3月15日夜、広島市で道路に横たわっていた男性がタクシーにはねられ死亡した。15日午後11時ごろ、広島市佐伯区五日市の市道で、路上に横たわっていた男性がタクシーにはねられた。はねられたのは、近くに住む広島市職員の山崎幸徳さん(64歳)で、頭などを強く打ちその場で死亡が確認された。

タクシーにはお客も乗っていたが、けがなどはなかった。事故当時は雨が降っていて、警察はどうして山崎さんが路上にいたのかなど当時の状況を詳しく調べている。(TSS)



佐伯区五日市 人身事故

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ