広電路面電車「全扉方式」で1日150人の「ただ乗り」

広島市内を走る広島電鉄の路面電車の一部で、乗務員のいない扉から降車できるサービスに乗じた無賃乗車が増えているという。乗降をスムーズにするため18年5月に始めた「全扉降車」方式の車両で起きており、中には意図的な不正もあったという。無賃乗車は1日約150人に上るとみられ、広電は対応に苦慮している。

全扉降車方式は、125両・編成のうち「グリーンムーバーレックス」形の低床車16両が対象。「PASPY」などのICカードで1人分の運賃を支払う際だけ、車両中央の無人の扉で降りられる。

安全確認と不正監視のため扉付近にカメラを備えており、広電は無作為に抽出した計約6千人分の運賃支払いの有無をビデオ映像で確認した。その結果、無賃乗車の割合は、全扉降車を導入して間もない18年7月に0.8%だったのが、18年11、12月には1.1%に増えた。

多いのはICカードを読み取り機にタッチした際、残高不足などでエラー音が鳴ったにもかかわらず立ち去るケース。他の客に紛れ、タッチせずに降りる客も目立った。

全扉降車は欧米の路面電車(LRT)では一般的な方式。広電も導入後、乗客の車内での移動が減って転倒事故が少なくなり、乗降者がスムーズになるなど、無賃乗車の問題がある一方で、メリットも確認している。

全扉方式は「信用乗車」と呼ばれ、停車時間を短縮できるため、電車のスピードアップを図る上でも鍵になるという。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ