安佐南区の事務所兼住宅が火事、焼け跡から1人の遺体が見つかる

3月8日朝早く、広島市安佐南区で事務所兼住宅の建物を焼く火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかった。火事があったのは、安佐南区川内5丁目の沖田和彦さんの事務所兼住宅の建物。8日午前6時40分ごろ、通行人から「建物の3階から火が出ている」と消防に通報があった。

消防車8台が出動し、火はおよそ50分後に消し止められたが、この火事で鉄骨3階建ての建物の3階部分が焼けた。また、焼け跡から男性とみられる1人の遺体が見つかった。警察によると、この建物の1階と2階には会社の事務所があり、沖田さんは3階で1人で暮らしていたという。

火事の後、沖田さんと連絡が取れておらず、警察は遺体は沖田さんとみて身元の確認を進めるとともに、消防と合同で火事の原因を調べている。(RCC)




広島市安佐南区川内 火事

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ