大工が建設工事で訪れた三次の医療施設で盗撮

3月7日、三次署は広島市安佐南区西原4丁目、大工西川雄一郎容疑者(45)を県迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は18年11月28日午前8時から同8時20分ごろまでの間、建設工事で訪れた三次市粟屋町の医療施設敷地内で、踏み台部分がメッシュ状になっている金属製の階段下にスマートフォンを置き、30〜40代の職員女性3人のスカート内を動画撮影した疑い。同署によると、被害女性の1人がスマートフォンに気付き、医療施設に通報して発覚したという。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ