湯崎知事、広島中央署盗難金内部補填は確定していない

広島中央署の金庫から巨額の現金が盗まれた事件で、湯崎知事は県警職員らが内部補填するという報道について確定したものではないという認識を示したという。事件は一昨年5月、広島中央署で詐欺事件の証拠品として会計課の金庫に保管されていた現金8572万円が盗まれているのが見つかったもの。

湯崎知事は「警察署からの盗難事件の状況も含めて確定したものはないのでそれについては現時点で何かコメントできる状況ではない」と述べた。知事の発言は、県警が所属長級以上の幹部の役職に応じて金額を設定し盗まれた8572万円全額を補てんする方針を固めたという報道を受けたもの。

また、知事は関係者の処分について捜査の区切りが付いた段階で適切に対応されると思うと述べ、今はその段階にないという認識を示した。(HOME)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ