レンチで知人の頭を殴った佐伯区の男を現行犯逮捕

広島西署は3月3日午後11時50分、広島市佐伯区楽々園4丁目、無職安藤正己容疑者(62)を傷害の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は、西区草津南3丁目のアパートで、知人の会社員男性(26)の後頭部をラチェットレンチで殴り、けがを負わせた疑い。同署によると、当時安藤容疑者と男性は別の知人宅で酒を飲んでおり、何らかのトラブルがあったとみている。一緒にいた知人が110番し、駆けつけた同署員が現行犯逮捕した。安藤容疑者は「レンチなどの工具で相手を殴ることはしていません」と否認している。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ