神石高原町が住宅地を坪8円で分譲

少子高齢化に悩む神石高原町は子育て世代に町に定住してもらおうと、住宅地を坪8円という破格の安値で分譲する政策を打ち出したという。町が坪8円で分譲する住宅地は、神石高原町上豊松にある町有地で、もともとは町営住宅の建設用地だった。分譲するのは5区画で、72坪が3区画、125坪が2区画。

坪8円なので価格は72坪の分譲価格が576円、125坪の分譲価格が1000円だという。町によると、近隣の住宅地は坪1万1千円程度だという。町が破格の安値で住宅地を分譲する理由は少子高齢化対策。子育て世代に町へ定住してもらうという。町の人口は2月1日現在、9076人で10年前に比べて2300人余り減った。高齢化率は46.8パーセント。

そのため、購入の条件を町外に居住していて入居時に小学生以下の子どもがいること、とした。神石高原町の入江町長は「神石高原町で仕事しながら子育てしてほしいのはあるし、(福山市に)通勤する人も問題なく通勤できるし、生活は豊かな生活の中で生活してもらうと」。 

町は新年度予算案に住宅地の上下水道の整備工事費など379万円を盛り込んでいて、4月1日から募集を始める予定。(RCC)



神石高原町 坪8万円宅地

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ