福山市御門町の市道で76歳の女性が軽自動車にはねられる

3月1日午後、福山市で、横断歩道を歩いていた76歳の女性が軽自動車にはねられ意識不明の重体となる事故があった。1日午後2時20分ごろ、福山市御門町の市道で、福山市御幸町の76歳の女性が横断歩道を渡っていた所、右折してきた軽自動車にはねられた。

横断歩道の中央に女性が仰向けに倒れており、頭部から出血していたという。女性は頭などを強くうって、意識不明の重体で病院に搬送されたが、命に別条はないという。警察は車を運転していた福山市内に住む61歳の女を過失運転致傷の現行犯で逮捕した。女は「間違いありません」と容疑を認めていて、警察は当時の信号機の色や事故をおこした原因などを捜査している。(TSS)




福山市 自動車事故

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ