指名手配中の呉の小太り冨田容疑者を滋賀県大津市で逮捕

2月27日未明、広島市の住宅で高齢の男性が死亡しているのが見つかった強盗殺人事件で、指名手配されていた冨田幸誠容疑者(34)を、滋賀県大津市の路上で身柄を確保され、逮捕された。この事件は2月20日、広島市中区銀山町の住宅で、この家に住む植松一広さんが刃物のようなもので殺害され、死亡しているのが見つかったもの。

警察は、現場付近に残された血痕のDNAの型が呉市焼山本庄の無職・冨田幸誠容疑者のものと一致したことから、強盗殺人の疑いで逮捕状を取り、全国に指名手配していた。

冨田容疑者は2月25日早朝、大阪市内のコンビニエンスストアで自転車に乗って逃走している姿などが目撃されていたが、警察は27日未明、滋賀県大津市の路上で冨田容疑者を発見し、身柄を確保。強盗殺人の疑いで逮捕した。警察は、冨田容疑者の身柄を広島中央警察署に移し、犯行の動機などを詳しく調べる方針。(RCC)



冨田幸誠容疑者逮捕

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ