呉市天応の国道で70代と60代の男性2人がトラックにはねられ死亡

2月25日午後、呉市で国道沿いを歩いていた男性2人がトラックにはねられ死亡した。25日午後4時前、呉市天応塩谷町で国道31号線沿いを歩いていた70代と60代の男性2人が、走ってきたトラックにはねられた。男性2人は病院に搬送されたが、全身を強く打っていてまもなく死亡が確認された。現場は片側一車線の直線道路で、警察によると、事故を近くで目撃した人は「走っていたトラックが歩道に乗り上げ、そのまま歩行者をはねた」と話しているという。警察は60代のトラックの運転手に話を聞くなどして当時の詳しい状況を調べている。(NHK広島)


トラック運転手を逮捕

2月25日、呉市の国道で男性2人がトラックにひき逃げされ死亡した事件で、警察は26日朝、64歳の運転手の男を逮捕した。過失運転致死とひき逃げの疑いで逮捕されたのは、広島市南区上東雲町のトラック運転手・戸川修容疑者(64)。警察によると、戸川容疑者は25日午後3時40分頃、呉市天応塩谷町の国道31号を大型トラックで走行中、歩道に進入し、いずれも呉市天応西条の清中等さん(77)と田中直樹さん(69)の2人をはねて死亡させた他、救護するなど必要な措置をとることなく現場から逃走した疑いがもたれている。

警察は事件から20分後に現場に戻ってきた戸川容疑者に事情を聴いていたが、容疑が固まったとして26日朝、逮捕しました。調べに対し戸川容疑者は「事故を起こし、警察に連絡しなかったことに間違いない」と容疑を認めているという。(TSS)



呉市天応塩谷町 トラックひき逃げ事故

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ