家庭裁判所職員がパチンコ店で店員女性のスカート中を盗撮して現行犯逮捕

広島南署は2月23日午後4時45分ごろ、広島市中区東平塚町、自称家庭裁判所職員藤崎優容疑者(55)を県迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は、南区段原2丁目のパチンコ店で、アルバイト店員女性(19)のスカート下にデジタルカメラを差し入れて、写真を撮影した疑い。別の店員が取り押さえ、110番した。容疑を認めているという。(中国)
関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ