女子中学生2人殺害&広島で強制わいせつ男に懲役7年の判決

2018年、長崎市内で7歳の女児にわいせつな行為をして、けがをさせたとして、強制わいせつ傷害などの罪に問われている男の裁判員裁判で、長崎地裁は男に懲役7年を言い渡した。判決受けたのは、住所不定・無職の寺本隆志被告(66)。

判決文などによると、寺本被告は18年6月、長崎市内の路上で下校中の女の子のスカートをめくるなどしてけがをさせたほか、別の女児の下着を盗んだ罪などに問われていた。寺本被告は1992年に東京と長崎で女子中学生2人を殺害し服役。出所後、広島で強制わいせつ事件を起こした。

検察側は「常習性があり、過去の犯罪と共通性がある」と主張。弁護側は、服役を終えていて「二重に処罰すべきではない」としていた。

長崎地裁は、女児が受けた精神的被害は大きいと指摘。過去の犯罪にも触れ、「直近の刑の執行終了から4カ月あまりでの犯行で、非難の程度は大きい」として、寺本被告に懲役7年の実刑判決を言い渡した。(JNN)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ