広電路面電車が猿猴橋町で10両余りが立ち往生

2月18日朝、広島市南区で広島電鉄の路面電車10両余りがおよそ1時間にわたって立往生するトラブルがあり、通勤・通学で利用する乗客に影響が出た。18日8時30分ころ、広島市南区にある広島電鉄の猿猴橋町電停に停車中だった路面電車に別の路面電車が追突したと運転士から鉄道会社に連絡があった。

鉄道会社が調べたところ、電車はぶつかる寸前に停止していたため追突していなかったが、状況を調べる間、現場では電車が10両余り立往生する事態となった。このトラブルで広島駅から八丁堀や宇品方面など中心地に向かう路面電車がおよそ1時間にわたって運転を見合わせ、通勤や通学で利用する多くの乗客に影響が出た。広島電鉄は、運転士に事情を聴くなどしてトラブルの原因を調べている。(NHK広島)



広電路面電車が10両立ち往生

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ