「殺してもいいんだぞ」首絞め&足蹴り逆ギレ呉海上自衛官を懲戒免職処分

「殺してもいいんだぞ」と上司の首を両手で絞めるなどして逃走した男性海上自衛隊員が懲戒免職になった。海上自衛隊呉基地の訓練支援艦「くろべ」に所属する20代の男性海士長は18年10月、外出中で上司から指導を受けていたときに、殺意を持って両手で首を絞めたあと逃走。翌日、広島市内で発見された。

海上自衛隊によると、海士長は元隊員に借金をしていることについて指導を受けて激高し、「殺してもいいんだぞ」と言いながら、首を絞めたり蹴るなどしての暴行を加えたという。海士長は2月12日付けで懲戒免職処分になった。(HOME)




呉海上自衛隊 くろべ

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ