広島市サッカースタジアム建設が中央公園で合意 2024年春開業目指す

2月6日夜、広島市中心部でのサッカースタジアム建設に向け、4者でのトップ会談が開かれ、中央公園を最終候補地とすることで合意した。広島市中区で開かれたトップ会談では、アクセス面や建設事業費などを考慮した結果、中央公園がサッカースタジアム建設に適しているとして最終候補地とすることに4者が合意した。

会談では事業主体は広島市、観客席は3万人規模にすることも決まり、2023年までの完成と、早ければ24年春の開業を目指している。また、建設資金として国からの交付金を最大限活用するほか、サンフレッチェの久保会長がエディオンから30億円を寄付することを明らかにし、今後もスポンサーやファンなどから寄付金を募るとしている。(TSS)




サッカースタジアム 広島中央公園


広島サッカースタジアム パース


広島中央公園 風景

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ