案内所を案内しようとした男が逮捕される

2月2日、県警歓楽街・歓楽街総合対策推進本部と広島中央署は、自称広島市東区矢賀1丁目、無職魚谷大樹容疑者(28)を県迷惑防止条例違反(客引き)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は18年12月10日午後10時5分ごろ、中区流川町の路上で、取り締まり中の私服の男性警察官に「案内所なんです。見るだけでも」などと誘った疑い。(中国)
関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ