女子児童の胸付近を指で触って上下に動かした教師を停職1カ月

公立小学校の56歳の男性教諭は一昨年10月、女子児童の胸のあたりを触るセクハラ行為をしたということで、県教委はこの教諭を停職1カ月とした。(RCC)


被処分者:県内公立小学校教諭(56 歳)
処分内容:停職1月
処分理由:平成29 年10 月下旬、放課後に行っていた個別学習指導の際、少なくとも2日間で2回、当時担任をしていた女子児童の胸付近を指先で触り上下に動かすといった行為を行い、当該女子児童に嫌悪感や不快感を与えた。この行為は、セクシュアル・ハラスメントに該当する。また、同年11 月には、同じく個別学習指導の際、当該女子児童を膝の上に乗せたり、平成30 年1月又は2月には、当該女子児童をハグしたりするなどの不適切な身体接触を行った。これらの行為は、教育公務員としてその職の信用を著しく損なう行為であり、信用失墜行為の禁止を定めた地方公務員法第33 条の規定に違反する。(広島県教委)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ