東区中山西の県道で車でタクシーに追突して逃走した会社員を逮捕

広島市東区の県道で、停車しているタクシーに車で追突し、そのまま逃げた疑いで21歳の男が逮捕された。会社員・平川公弥(21)容疑者は1月30日午前6時40分ごろ、広島市東区中山西の県道で車を運転中に、渋滞で停車していたタクシーに追突し、そのまま逃走した疑いなどがもたれている。タクシーの運転手(49)と乗客の女性2人は首を捻挫するなどの軽傷。

警察によると、タクシーの運転手らが車のナンバーや車種を覚えていたことなどから車を特定し、平川容疑者を逮捕したという。調べに対し、平川容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認している。警察は逃走した経緯や理由などを調べている。(HOME)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ