女子中学生を同乗させていたカーチェイス男を淫行容疑で再逮捕

1月30日、広島中央署は住所不定、無職和田翔介被告(20)=傷害などの罪で起訴、公務執行妨害容疑などで処分保留=を県青少年健全育成条例違反(淫行)の疑いで再逮捕した。再逮捕容疑は、18年11月23日、呉市内の民家で県内の女子中学生(13)が18歳未満と知りながら、いかがわしい行為をした疑い。

同署によると、和田容疑者は11月27日、坂町で追突事故を起こして逃走。パトカーに追跡され、暴走を繰り返して公務執行妨害容疑などで現行犯逮捕された。その際、女子中学生が同乗しており、今回の容疑が発覚したという。(中国)

広島市内でカーチェイス 20歳の男を現行犯逮捕

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ