福山の山陽道で追い越し時に車に衝突して逃走した男を逮捕

1月30日、県警高速道警察隊は福山市新涯町5丁目、自称無職末平一司容疑者(55)を自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は、2018年9月7日午後11時45分ごろ、福山市神村町の山陽道下り線で、大阪府内の男性会社員(35)の乗用車を追い越す際に衝突、男性と同乗していた女性(44)の計2人に軽傷を負わせたが、車を乗り捨てて、そのまま逃げた疑い。

同隊によると、末平容疑者は直後に現場付近で確保されたが、同隊からの再三の出頭要請に応じなかったという。「自分はぶつけられた。事実と違う」などと供述しているという。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ