塩村文夏氏が速攻で立憲民主党東京選挙区に鞍替え

1月25日、東京都議を1期務め、都議時代に本会議中に受けた「セクハラやじ」が、社会問題になった塩村文夏(あやか)氏(40)が、国会内で会見し、今夏の参院選東京選挙区(改選6)に立憲民主党から出馬することを明らかにした。塩村氏は旧民進党から国民民主党に移り、衆院広島3区での出馬を目指して活動していた。

今回、立民からの出馬になったことについて「私の政策は立憲民主党に近い。女性の意見を多様に受け入れてくれている。オファーを受け、熟慮を重ねた末に挑戦することになった」と述べた。

選挙区の変更について「東京は、都議になる前から働いたりさまざまな経験を積んだ場所で、第2のふるさと。東京も広島も大切な場所だ」とした上で、「(東京、広島で)女性として壁にぶち当たることもあり、(その課題を)解決していかないといけないと思った。多様性のある社会をつくるために、議席を必ず勝ち取って、今の政治を変えるきっかけをつくりたい」と述べた。

立民は東京選挙区に男女1人ずつ、計2人を擁立予定。塩村氏の擁立方針を昨年末に決め、打診した。

塩村氏には、政党や選挙区を変更した理由について、質問が相次いだ。国民民主党にはこの日、離党届を提出したという。また、広島3区時代の支援者とは「しっかり話し合いをした」と強調した。

同党は同日、東京都連が塩村氏の擁立を内定。週明けの党常任幹事会で、正式決定する。旧民進党時代に塩村氏を公認した際の党代表だった蓮舫参院議員も同席した。

塩村氏は広島県出身。17年の都議選には出馬せず、旧民進党から広島3区で出馬する見通しだったが、17年衆院選を前に、民進党が分裂し、同党の公認が得られなくなり、同選挙に無所属で出馬し、落選した。(日刊スポーツ)


塩村文夏氏 会見

立憲民主党の蓮舫参議院議員のTwitterで、塩村あやか氏の会見が紹介されていた。

「今夏の参議院議員選挙、東京選挙区から立憲民主党公認で挑戦。先程、東京都連の内定を受け会見しました。塩村さんが都議会で受けたハラスメントを始め、今なお女性がぶつかる壁を壊すために国政で頑張りたい、との思いを語りました」(蓮舫氏)



蓮舫 塩村 立憲民主党



しかし、蓮舫氏のこの投稿に対してTwitterは荒れていた。

「頑張ってほしい」「応援しています」という応援するコメントもあるが、反対に「この人選だけは最悪と思いました。知られている過去の言動をきちんと確認すれば、この人選はないと思います」とか、「他に候補者はいないの」、「さっきまで国民民主党の衆議院選挙の候補予定者だった人間を離党させて、即日立憲民主党から擁立させる、こんなことをしていたら、永遠に政権は取れません」など、批判的なコメントが相次ぎ、大荒れの状態。


塩村あやか 政治への思いを語る?

塩村文夏氏のホームページで、「広島の発展にはどのような政策が必要と考えるか」という問いに対して「・・・地方独自の街づくりや公共サービスを提供することが重要で、一括交付金制度を復活させ、財源や権限移譲を進めなければなりません。また、ものづくり産業をさらに発展させ、地場・中小企業、新たに起業する個人に公的支援を拡充し、ICTやAIを医療や介護、農業に積極的に利活用し、広島の魅力と競争力を高めていきます」と言っていたが、これらは全て白紙ということなんだろうか。

今後の塩村氏の展開が注目される。

余談だが、広島3区内に掲示してある2種類のポスターは撤去していくのだろうか。



塩村文夏 立憲民主党


事務所
森本・塩村 国民民主党 事務所


関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ