JR大竹駅近くの14階建てマンションの一室が火事 55歳の住人死亡

1月23日夜、JR大竹駅近くでマンションの1室が燃える火事があり、この部屋に住む55歳の男性が死亡した。23日午後11時50分ごろ、大竹市新町の14階建てマンションで、6階に住む住民から「同じ階の1室から白煙が見える」と119番通報があった。消防車5台が消火活動にあたり、火はおよそ45分後に消し止められたが、マンション6階の1室のリビングが焼けた。出火元と見られるこの部屋から住人の前園信一さんが意識不明の状態で見つかり、搬送先の病院で死亡した。(TSS)



大竹市 駅前マンション火事


関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ