道路使用許可手数料を支払って街宣活動しても逮捕された政治団体

1月21日、広島南署と県警公安課は、広島市南区東雲1丁目、自営業湯浅雅和(50)と東区馬木7丁目、運送業竹田英幸(46)の両容疑者を政治資金規正法違反(届け出前の支出)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は、選管に政治団体としての届け出をしないまま、街頭宣伝活動をするために18年1月25日~11月22日に計10回、広島中央署に道路使許可を申請し、手数料として計2万4千円を県に支払った疑い。同署によると、2人は「大東亜皇星会」の名称で活動していた。2人は容疑を認め「政治団体としての届け出は必要ないと勝手に判断していた」と供述しているという。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ