マツダスタジアムでぼや、スコアボードの一部を焼損

1月17日未明、広島市南区にあるマツダスタジアムの改修工事現場で、スコアボードの一部を焼く火事があった。この火事によるけが人はいなかった。17日午前2時40分頃、広島市南区のマツダスタジアムで防災センターの職員から「改修工事現場から煙が見える」と通報があった。消防車14台が出動し、火はおよそ20分後に消し止められたが、スコアボードの一部、約2平方メートルを焼損した。

マツダスタジアムは去年からメインスコアボードを全面ビジョン化する改修工事を行っていたが出火当時、現場は無人で工事に使うドリルや電動のこぎりが充電されていたという。消防などは電気のショートで火事が起きた可能性があると見て、17日朝から警察と消防が実況見分をして、出火原因を調べている。(TSS)



マツダスタジアム ぼや

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ