「出資すれば4カ月後に利息が10%つくよ」広島市民4人が騙される

「ゲーム会社に出資すれば利息がつく」などと持ちかけ、国の登録を受けずに広島市内の男女4人からあわせて650万円を集めたとして、37歳の男が金融商品取引法違反の疑いで逮捕された。逮捕されたのは住所不定、無職の福井剛容疑者(37)。警察の調べによると、福井容疑者は一昨年4月から7月にかけて広島市内に住む30代の男女4人に実在する東京のゲーム会社の名前を出し、「出資すれば4カ月後に10%の利息がつき、預けたお金は全額返ってくる」などと持ちかけ、国の登録を受けずにあわせて650万円を集めたとして、金融商品取引法違反の疑いが持たれている。

警察によると、福井容疑者は容疑を認めているという。出資した4人は広島市内で開かれたボードゲームのイベントで福井容疑者と知り合ったが、現金を渡したあと連絡が取れなくなり、警察に相談したという。警察は福井容疑者の口座の記録などから、平成23年以降、同様の投資を募り、少なくとも十数人からおよそ7000万円を不正に集めていたとみて調べるとともに、投資した形跡がほとんどみられないことから詐欺の疑いもあるとみて捜査している。(NHK広島)



ゲーム会社出資詐欺 福井容疑舎

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ