東区矢賀新町の県道で人身死亡事故

1月12日午前6時45分ごろ、広島市東区矢賀新町の県道で、広島市東区光町の無職木村恭二さんが道路を歩行中、府中大橋方面から走行してきた軽乗用車にはねられた。木村さんは全身を強く打つなどして搬送先の病院で死亡が確認された。現場は見通しのよい直線道路で、警察は軽乗用車を運転していた30代の男性から当時の状況を聞くなどして事故の原因を調べている。(TSS)



広島市東区矢賀新町 交通事故

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ