府中市でひき逃げ 78歳女性が意識不明の重体

1月12日朝、府中市で道路を歩いていた女性が車にはねられ、意識不明の重体だという。12日午前7時10分ごろ、府中市目崎町の国道486号で、道路を歩いていた近所の78歳の女性が福山方面に向かって走ってきた車にはねられた。女性は病院に運ばれたが意識不明の重体。車はそのまま現場を走り去ったという。女性は道路の中央付近に倒れていたということで、警察がひき逃げ事件として逃げた車の行方を追っている。(RCC)


無免許運転の79歳の男を逮捕

広島県府中市の国道で78歳の女性が倒れているのが見つかり、意識不明の重体となっている事件で、警察は1月14日、安芸高田市の79歳の男をひき逃げなどの疑いで逮捕した。男は無免許で車を運転していたという。

逮捕されたのは安芸高田市に住む無職の沖重九一容疑者(79)。警察によると、沖重容疑者は1月12日の午前7時すぎ、府中市目崎町の国道で、無免許で車を運転し、道路を横断していた78歳の女性をはねたあと現場から逃走したとしてひき逃げと無免許過失運転傷害の疑いが持たれている。

女性は福山市内の病院に運ばれたが、意識不明の重体になっている。 警察によると、事故のあと周囲を調べたところ、現場付近にバンパーの一部が外れフロントガラスが割れた沖重容疑者の車が見つかり、話を聞いたところ容疑を認めたことから逮捕したという。 沖重容疑者は警察の調べに対し「人をひき逃げしたことに間違いない」と話しているということで、警察が事件の詳しい状況を調べている。(NHK広島)



府中市 ひき逃げ


府中市 ひき逃げ事件

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ