遺憾・遺憾・大変遺憾・・・岸田政調会長が物足りない

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が徴用工問題をめぐる日本側の対応について「賢明な態度ではない」などと批判したことについて、自民党の岸田政調会長は「国際法違反の状態を是正する責任は韓国側にある」と反論した。

韓国の文在寅大統領は1月10日、新年の記者会見で徴用工問題をめぐり「日本の政治指導者たちが政治的に争点化し、問題を拡散しているのは賢明な態度ではない」などと批判した。この発言に対し、自民党の岸田政調会長は「大変遺憾に思う」などと述べ、反論した。

「昨年、韓国の大法院の判決が出た段階で国際法違反の状態が生じていると理解している。国際法違反の状態を是正する責任は韓国側にあると考えている。韓国政府から具体的な、適切な対応は行われていない、見ることができない状況であり、この点については大変遺憾に思っている」(自民党 岸田文雄政調会長)

また、岸田氏は「日韓請求権協定の条文に従い、韓国政府は協議に応じるべきだ」と強調。そして「日本側の考え方について国際社会へきちんと説明し、訴えていくことが大事だ」として、国際司法裁判所への提訴も含め、政府が適切に対応すべきという考えを示した。(JNN)



自民党 岸田政調会長

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ