泥酔してカマを掘られた20代アルバイト男性

1月9日、広島中央署は広島市中区富士見町、飲食店従業員中村勝利容疑者(35)を準強制性交の疑いで逮捕した。逮捕容疑は、18年8月4日早朝、酒を飲んで中区の公園で寝ていた20代のアルバイト男性に声を掛けて男性方に上がり込み、乱暴した疑い。同署によると2人に面識はないという。男性が同署に通報し、現場付近の防犯カメラの映像などから中村容疑者が浮上した。中村容疑者は「同意の上だった」と供述しているという。(中国)
関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ