サンフレのサッカースタジアムが中央公園で最終調整

広島市などは、検討を進めてきた市中心部でのサッカー専用スタジアムの建設について、中区の中央公園を最終候補地にできないか調整に入ったという。これが実現すれば、サッカーJ1、サンフレッチェ広島のホームスタジアムにもなる見通し。

広島県内でのサッカーの公式戦などは、今は郊外の広島市安佐南区のエディオンスタジアムで行われ、サンフレッチェ広島も本拠地にしているが、あくまで複合の競技場で交通アクセスも悪いとして、改善を求める声が出ていた。

これを受けて、広島市は県や商工会議所などとともに、市中心部でサッカー専用スタジアムの建設計画の検討に乗り出し、中区の中央公園と旧広島市民球場跡地、それに南区の広島みなと公園の3カ所が協議されてきた。

関係者によると、これまでの話し合いの結果、広島市などは利便性や周辺の環境への影響などを考慮して、中央公園を最終候補地にできないか調整に入った。実現すれば、サンフレッチェ広島のホームスタジアムにもなる見通し。

中央公園での建設には、隣接する地区の住民が騒音や渋滞など生活環境の悪化を理由に、なお慎重な姿勢を示していて、広島市などは対策の説明を続け、理解を得たい考え。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

中央公園近くの市営アパートの住民が文句言ってるのか?

2019/01/11 (Fri) 00:15 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ