ウソの災害支援出資話を持ちかけた65歳の女を詐欺容疑で逮捕

災害支援事業への架空の投資話を持ち掛け、知人から出資金などを騙し取った疑いで65歳の女が逮捕された。詐欺の疑いで逮捕されたのは広島市安佐南区の無職・末廣薫容疑者(65)。警察によると、末廣容疑者は18年1月から3月までの間、広島市に住む知人の女性に、「国の災害支援の事業に出資すれば30%の配当金がもらえる」などと嘘の投資話を持ち掛け、あわせて800万円を騙し取った疑いがもたれている。末廣容疑者は取り調べに対して黙秘していて、警察は同様の手口で、被害額2億円以上の余罪があるとみて捜査を進めている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ