自民広島3区河井議員「韓国の対応を異常」と批判、嫌韓続けばまた自民圧勝か

1月8日、河井克行自民党総裁外交特別補佐は米ワシントンで講演し、海洋進出を強める中国に「日米同盟は効果的に対処しなければならない」と訴えた。韓国軍艦艇による自衛隊機への火器管制レーダー照射を巡る韓国の対応を「友好国にあるまじき態度だ」と批判した。

安倍晋三首相による昨年10月の訪中に関し「日中間の極度な緊張を緩和させるための戦術的な動きだ」と指摘。中国の脅威に触れつつ、同国の経済圏構想「一帯一路」に「日本は乗ったわけではない」と説明した。レーダー照射や韓国人元徴用工などを巡る韓国の対応を「異常」と批判した。(共同)


訪米の自民・河井氏、「韓国が中朝側に傾いている」

自民党の河井・総裁外交特別補佐は1月8日、アメリカのワシントンで講演し、「近年、韓国が中国や北朝鮮の陣営に傾いていることを強く懸念する」と述べた上で、アメリカに対し、同盟国の中核としての役割を果たしてほしいと呼びかけた。

「私は近年、韓国が中国や北朝鮮の陣営に傾いていっていることを強く懸念しています。アメリカには同盟国の中核としての重要な役割を果たすことを要請したいと思います」(自民党 河井克行 総裁外交特別補佐)

河井氏はワシントンでの講演で、海上自衛隊の哨戒機が韓国海軍から火器管制レーダーの照射を受けた問題などを指摘した上で、最近の韓国側の姿勢に懸念を示し、アメリカに対し、同盟国の中核としての役割を果たしてほしいと呼びかけた。さらに、その後の質疑応答の中で、河井氏はレーダー照射問題について「いまなお韓国側が事実の認定すら行わない態度に終始していることは友好国にあるまじき態度だ」と批判した。

また、河井氏は、安倍政権が目指しているロシアとの平和条約の締結について、「日本とロシアは共に中国を潜在的な脅威と見ている。アメリカには中国の脅威への共同対処としての日ロ平和条約締結の重要性を理解してほしい」と訴えた。(JNN)



自民河井克行議員



嫌韓が長引けば19年参院選も自民圧勝か

今年(19年)は参院選が行われるが、一部の報道によると、衆参同時選挙もありうるという。17年の衆院選では森友・加計問題で安倍自民率いる政府与党に批判的な意見も多かったが、しかし結果は自民党が圧勝した。麻生副総理は「北朝鮮のおかげでもある」と、講演会で述べたが、すかさず野党が反発した。

今回の韓国による徴用工判決やレーダー照射問題も同様で、「韓国のおかげ」となりそうだ。これが長引くほど自民党が有利になる。思い出されるのは2010年に尖閣諸島で起きた中国漁船と海上保安庁の巡視船の衝突事件で仙石官房長官(旧民主党)が証拠となるビデオを公開しなかったのだ。さらに旧民主党時代に行われた韓国びいきの政策や政治献金問題は数知れず、その残像が払拭できないままでいる。

さらに共産党は今でも自衛隊は憲法違反という考え方で、徴用工判決についても韓国寄りの姿勢を示している。

野党はこれらの問題を抱えている限り、政権は取れない。そして選挙演説で国防問題を力説されたら、野党は自民与党に勝てないのだ。野党の思考を一新しないと自民党に勝てないのだ。


【合わせて読みたい記事】

【尖閣諸島と北方領土問題】国会で広島県人同士による質疑応答があったが、気が付いたら日本は中国とロシアによって挟み撃ち状態

尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突ビデオ流出事件で海上保安大学校へアクセス、それよりも菅・仙谷政権の責任は重大


【民主党時代】
民主党内閣


民主党議員 献金

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ