安芸高田市で「お太助ワゴン」が電柱に衝突6人重軽傷

1月8日午前、安芸高田市で高齢者の送迎などのため市が運行を委託しているワゴン車が道路脇の柱に衝突し、80代の女性2人が手や足の骨を折るなど、乗っていた6人全員が重軽傷を負った。8日午前10時半ごろ、安芸高田市吉田町多治比の県道で「お太助ワゴン」と呼ばれる高齢者の送迎などのために市がタクシー会社に運行を委託しているワゴン車が道路脇の標識の柱に衝突した。

警察によると、車には70代から90代の乗客5人と71歳の運転手のあわせて6人が乗っていて、このうち81歳と87歳の乗客の女性が手や足を骨折するなど大けがを負った。また、ほかの4人も手や足に軽いけがをしたという。現場は片側1車線の見通しのよい直線道路で、警察は運転手から話しを聞くなどして事故の原因を調べている。(NHK広島)



安芸高田市 電柱衝突事故

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ