メガネ店で窃盗を繰り返した男に懲役2年4カ月の判決

12月25日、広島地裁呉支部は、窃盗罪に問われた広島市安佐北区落合南8丁目、無職大鎗亮被告(43)に懲役2年4カ月(求刑懲役3年)を言い渡した。山口貴央裁判官は「常習性や規範意識の欠如は顕著。犯行態様は計画的で極めて悪質」などと判決理由を述べた。判決によると、4月8日~11日、呉市や東広島市のメガネ店など10店でサングラスなど68点(販売価格計167万5608円)を盗んだ。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ