三次IC出口交差点で介護士が死亡する自動車事故

12月23日午後2時40分ごろ、三次市西酒屋町の中国自動車道三次インターチェンジ(IC)出口付近の交差点で、庄原市東城町森、無職牧野安弘さん(71)の乗用車が、東広島市西条町寺家、会社員高取幸二さん(45)の乗用車に衝突した。牧野さんの車の助手席に乗っていた妻の介護士恵美子さん(62)が、腹を強く打ち死亡した。

広島県警高速道警察隊は、IC出口から県道への合流時、牧野さんが左折しきれず縁石に乗り上げ、交差点で信号待ちをしていた高取さんの車に衝突したとみている。牧野さんと高取さんも軽いけがをした。(中国)



三次IC事故

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ