広島で働くと休みが無くなる、人間不信になる、「辞めたい」と言うと、冷たくののしられる

会社を辞めたいと言っても、なかなか応じてもらえなかった、という声が、広島市中区の会社員女性(23)から相談が寄せられたという。女性は昨年4月、広島市内の美容サロンで正社員として働き始めたが、社員研修の日も休日扱いになるなど、月5日も休めない環境に失望。半年後、退職の意思を伝えたが、上司は「今、忙しい」の一点張りで、何度伝えようとしてもはぐらかされたという。

3カ月がたち、悩んだ女性は広島労働局の相談窓口へ。上司にその話を伝えると、一転して願いを受け入れたという。女性は「このまま辞められないのかと絶望的な気持ちになった。人間不信になりそうだった」と振り返る。

労働人口の減少を受け、広島県内の有効求人倍率は6カ月連続で2倍を超えるという。広島県労連相談センターの内谷富雄所長は「人員確保に苦労する企業などから、執拗な引き留めに遭うケースが増えている」と話す。こうした訴えは1年ほど前から目立ち始め、11月は4件の相談を受けた。


仕打ちを恐れて「辞めたい」と言い出せない

広島市内の保育園で働いた男性(35)もそんな一人。今夏、出勤時間になると自宅で吐いたり、動悸が激しくなったりした。園長の厳しい叱責に追い詰められていた。「辞めたい」と、園長に言えなかった。以前、退職を願い出た保育士に対し、辞めるまでの約1カ月間、ミスをののしったり無視したりして冷たく当たる姿を見たからだ。自分も同じ目に遭いたくなかった。悩んだ男性は、本人に代わって退職の意思を雇用主に伝える代行業に依頼した。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ