広島県内のブラック企業リストが厚労省HPで公表

厚生労働省が11月30日、労働基準関係法令違反の企業リスト(ブラック企業)を公表した。書類送検されて公表された期間は平成29年11月1日~平成30年10月31日分。広島県内では、前回の6月29日公表時には15社が公表されたが、今回は14社となった。馴染みのある会社としては、広島バスが名を連ねた。

https://www.mhlw.go.jp/kinkyu/dl/180928.pdf

以下、厚生労働省の公表リストから、広島県分だけを抜き出した。


山崎木材(広島県庄原市)平成29年11月20日送検
4日以上の休養を要する労働災害が発生したのに、遅滞なく労働者死傷病報告を提出しなかった。

津久田工業(広島県山県郡北広島町)平成30年2月2日送検
労働者延べ36名に、36協定の延長時間を超えて違法な時間外労働を行わせた。

Confidence(広島県三次市)平成30年3月12日送検
4日以上の休業を要する労働災害が発生したのに、遅滞なく労働者死傷病報告を提出しなかった。

将栄建設(広島県東広島市)平成30年3月12日送検
4日以上の休業を要する労働災害が発生したのに、遅滞なく労働者死傷病報告を提出しなかった。

三宅建設(広島県庄原市)平成30年3月26日送検
4日以上の休業を要する労働災害が発生したのに、遅滞なく労働者死傷病報告を提出しなかった。

広岡重機(広島県広島市東区)平成30年3月27日送検
高さ約8.5メートルの作業床の端に手すり等を設けることなく労働者に作業を行わせた。

広島バス(広島県広島市中区)平成30年3月27日送検
労働者1名に、36協定の延長時間を超えて違法な時間外労働を行わせた。

西城町森林組合(広島県庄原市)平成30年5月14日送検
4日以上の休業を要する労働災害が発生したのに、遅滞なく労働者死傷病報告を提出しなかった。

サンヨーコーポレーション(広島県東広島市)平成30年5月29日送検
4日以上の休業を要する労働災害が発生したのに、遅滞なく労働者死傷病報告を提出しなかった。

ニッポー(広島県広島市安芸区)平成30年7月19日送検
射出成形機の稼働盤が自重で落下することによる危険を防止するための措置を講じなかった。

宇野木工(広島県福山市)平成30年10月11日送検
木材加工用丸のこ盤に、歯の接触予防措置を設けることなく、木材加工作業を行わせた。

岡野商店(広島県山県郡北広島町)平成30年10月12日送検
労働者3名に対して、有効な36協定の締結・届出なく、違法な時間外・休日労働を行わせた。

共生工業(広島県呉市)平成30年10月26日送検
4日以上の休業を要する労働災害が発生したのに、遅滞なく労働者死傷病報告を提出しなかった。

中川昭和(広島県尾道市)平成30年10月26日送検
4日以上の休業を要する労働災害が発生したのに、遅滞なく労働者死傷病報告を提出しなかった。

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

うちの会社が入ってないのはおかしい

2018/12/11 (Tue) 11:46 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ