三原の国道で会社員が車にはねられ死亡

12月8日午前5時ごろ、三原市須波1丁目の国道185号で、歩いていた三原市和田3丁目、会社員土手宏司さん(49)が、三原市幸崎久和喜、会社員岡田国史さん(49)の軽乗用車にはねられ死亡した。三原署によると、現場は見通しのよい片側1車線のほぼ直線。(中国)
関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ